みどぅさん、石田衣良をよく読んでました

特別お題「青春の一冊」 with P D MAGAZINE
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/pdmagazine


f:id:midumidumidudu:20160408060612j:image

どうも、断捨離みどぅさんです。

Facebook等活用してないアカウントは最新の記事が5年前の私の写真になってたりして名前で検索かけられた時に勘違いされると恥ずかしい。

インスタグラムはおしゃれな思い出を載せるのが万人共通になりつつあるのに変な投稿もしてて主旨に基づいてない。

Twitterに元彼との写真がまだ残ってる。

等、SNSの過去記事に関していろいろ思うことがあったので気になる記事を全部消させていただきました。

今週のお題「青春の一冊」ですが、青春の頃の記事を消しちゃったばかりの私が語り手で良いのか?という疑問は多少ありますね(笑)まあ良いか。


中学時代石田衣良の本よく読んでました。有名なところでいうと池袋ウエストゲートパークとか。

池袋ウエストゲートパーク (文春文庫)

池袋ウエストゲートパーク (文春文庫)


今全然本を読まなくなってしまったのですが(読んだ方が良いことはわかってる)、当時は学校で本を読むことを推奨されててみんなして本読んでました。

男子は山田悠介、女子はケータイ小説を読む子が多かった中、私はひたすら石田衣良の作品を読み漁ってた。読み始めたきっかけは、国語の先生が石田衣良の小説を一冊プレゼントしてくれてそれがとても面白かったから。

うつくしい子ども (文春文庫)

うつくしい子ども (文春文庫)


面白かったんです。ただ内容思い出せない(笑)

石田衣良の中でもハラハラするミステリー作品が特に好きです。また時間に余裕がある時読み直そうと思います。

f:id:midumidumidudu:20160411204226j:image

f:id:midumidumidudu:20160411204236j:image

…今はそれどころじゃないですね(笑)

仕事でいっぱいいっぱい   みどぅ