みどぅさん、就活日記(序盤編)

f:id:midumidumidudu:20151201210916j:image

どうも、みどぅさん改め、のび太です(嘘)

f:id:midumidumidudu:20151201210936j:image

最近度々内定者懇談会があったことがきっかけで、就活に関する記事をいくつか書きたいなと思っていました。
ということで、今回は就活の中でも合同説明会等の準備段階の話を中心に私の体験談を執筆していきたいなと思います。


2016年卒の私達の就活は3月解禁でした。
が、意識の高い方々は夏頃からインターンシップに行っては企業に顔を売っておりました。
一方私は、夏は資格の勉強と部活で手一杯。就活も何からはじめればいいのか正直わからず3月の解禁と同時にはじめました。

3月最初の合同説明会にとりあえず参加してみる。解禁後初めてということもあり、ゴキブリみたいなスーツを着た量産型就活生がアホみたいにいっぱいいました(私もその中のひとりですが)。

[合同企業説明会前に用意しておくこと]

①気になる企業を決めておく
とりあえず就活序盤の合同説明会は、どんな企業があるのか知るということが大事です。といっても、企業のブース全てを回ることは無理なのである程度自分の志望する企業を絞っておく必要があります。絞り方は人それぞれ。仕事内容、福利厚生、配属先、給料などなど…私は事務職で絞り業種は広く考えていました。

②企業の基本情報を揃えておく
①を決めた後は企業についての基本情報をまとめておきます。調べたらわかることは自分で調べておこうスタイル。調べたことで「あれ、やっぱ興味無いかも…」とかもありうるので。また、人事から逆に無茶振りで話しかけられることもたまーにあるので知識が無いと返しが厳しいwちなみに私が決めた就職先は休憩中に人事から急に話しかけられました。上手に話せず人事にダメ出しされ、悔しくて内定とってやる!って気持ちで選考に進んだところ今に至ります(笑)

③質問を考えておく
自分の中でこれは聞いておきたいという質問を何個か考えておくべきです。同じ質問を複数の企業で聞くことで自分の気になることについて比較ができます。私の場合、結婚出産後でも働きやすい環境か、という質問をよくしていました。また、質問をすることで人事に顔を覚えてもらいやすい!就活は自分を企業に売り込むことが大切なので一つのブースで1回質問できるように心がけました。

④持ち物
スーツ等の服装はもちろん、就活バック、寒い時期はスーツに合うコート等必要なものはいっぱい。その中でも見逃しがちな点を紹介します。

・髪型
女子はポニーテールの人がほとんどだが、量産型過ぎて印象的でない。私はショートカットにしました。
・バインダー
レジュメや会社のパンフレットを渡されることが大半なのでメモを取る時バインダーがあると便利
・名刺
名前を覚えてもらいたくて名刺を作ってる友人もいました。私は作りませんでしたが。
・ストッキングの替え
まああれば何かあった時に慌てないし。お守り的なw

まあ、ざっとこんなもんだと思います。



大半の企業は合同説明会行かなくても選考に進めます。合同説明会はどちらかといえば自分が企業について知る機会なので必ず行かなきゃいけないものではないし任意です。だからこそ貪欲じゃないとなにも得ることができません。
行っても行かなくてもいいものだと言いましたが、私は合同説明会行って良かったと思います!それは内定先のことを知ったきっかけが合同説明会だからということもありますが、それ以外にも
・将来役に立つ知識をいろんな企業を調べることで得ることができた(特に金融のこととか)
・同じ就活生の進め具合を知ることができた
・中学や高校の友人に会場で久々に会えた
などなど!
正直結構楽しかった(笑)

就活は長期戦になることもあるので抱え込まずに楽しむことが一番だと思います!頑張れ就活生!

機会があれば続編書きます        みどぅ