みどぅさん、feat.オズワルドザラッキーラビット




どうも、オラオラ系ソングにありがちなタイトルで攻めましたみどぅさんです。

オズワルドザラッキーラビット、通称オズワルド。
皆さんご存知でしょうか?

f:id:midumidumidudu:20151017153217j:image

ディズニーのキャラクターで、ミッキーの原点とも言われているウサギの彼、知名度も無く立場はミッキーに奪われ、なかなか可哀想なんです。
ウサギのオズワルドは、ミッキーマウス誕生以前の1927年にウォルトが発案したキャラクター。類似キャラクターの1つかと勘ぐってしまうが、実はれっきとしたミッキーマウスの原点となる重要なキャラクターなのである。


そんな彼のことをLINEツムツムというゲームを通じて知り、好意を抱いている友人Hが

友人H「オズワルドに会いにディズニーシー行こうよ」

と誘って来ました。

当時私はオズワルドを存じていませんでしたが、ディズニーシーに人生で一度も行ったことのないということもあり0.2秒でOKの返事をし、

f:id:midumidumidudu:20151015162309j:image

やってきました!ディズニーシー!

晴天!しかもハロウィン!!!


おっと、忘れてた。ここで皆さんに伝えなければ行けないことがありました。

オズワルドはディズニーシーにいません。

?!?!?!?!

そうです。オズワルドはディズニーシーにいないのです。

いや、昔はいました。

2015年の3月31日までは、アメリカンウォーターフロントエリアでグリーティングしてたそうです。

我々は幸いなことにこの情報をディズニーシーへ訪れる前に知ることが出来ました。しかし、この事実を真に受け入れることはできませんでした。(主に友人Hが)

そして結論

我々がオズワルドの代わりにディズニーシーへ行こう/

f:id:midumidumidudu:20151017152844j:image
全身オズワルドコーデで!

オズワルドを皆に広めるくらいの気持ちで!!

オズワルドの代わりにグリーティングするくらいの勢いで!!!


という謎の見解にたどり着きました。反省します。

しかし、我々はただコスプレをしてディズニーシーを楽しんだリア充文系ウェイ生ではないことを証明させて下さい。


①開園と同時にオズワルドのショップへ向かい一番乗り

本来多くの来園者は開園と同時に人気のアトラクションに並ぶ又はファーストパスを取りに行ったり、入口で出迎えてくれるキャラクター達と写真を撮ったりして楽しむものではないでしょうか。
しかし我々は違います。何故なら、
このパーク内にオズワルドがいない上にオズワルドのアトラクションもないからです。
唯一あるオズワルドのショップ(スチームボートミッキーズ)へと向かい見事一番乗りを果たします。
※唯一のショップ名にさえミッキーと入っている点でも脇役感が否めない


②全身完全にオズワルドコーデ

私達はオズワルドそのもの。全身オズワルドと同じ色形を意識したファッションで来園しました。ただオズワルドの被り物をお店の前で被ってみてきゃっきゃしただけの人ではありません。
被り物はそのあとしっかり購入、更に秋冬限定のオズワルドとガールフレンドのニットも購入。
※ちなみにニットは事前にHPで調べ、ガールフレンドの経歴についても考察しました。
f:id:midumidumidudu:20151017171823j:image
f:id:midumidumidudu:20151017171844j:image
※考察の結果オズワルドは案外やり手であることを知りそんな彼に翻弄される我々は少し虚しくなったのは内緒です。


③オズワルドゆかりの地を懸命に探した

オズワルドは過去にアメリカンウォーターフロントエリアにいたという情報だけを頼りに、オズワルドらしい風景をひたすら探しました。
f:id:midumidumidudu:20151017172252j:image
こんな樽とか
f:id:midumidumidudu:20151017172304j:image
こんな屋台とか

探してるけどなかなか見つからない!!
過去にオズワルドがいたと思われる地は、今となってはダッフィーという名キャラクターに奪われてしまっているのです。

しかし私達はめげずにパーク内を歩き回り…
f:id:midumidumidudu:20151017172623j:image

f:id:midumidumidudu:20151017172617j:image

何となくそれっぽい所を発見!!
オズワルド気分で写真を撮ってきました。

※ちなみにパーク内を歩き回る間約10人程オズワルドの同じ被り物をする人に遭遇しましたが、さすがに全身オズワルドなのは我々だけでした。


ファンタズミック!で哀愁に浸る

ディズニーシーの夜のパレードといえば、水上パレードその名もファンタズミック
この時期はハロウィンで、今年はディズニープリンセスの悪役を主体とするコンセプトでパレードも行われていたみたいです。
そんなパレードを我々は場所が取れず後方から見ることとなりました。
パレードが盛り上がる中、今日一日の楽しかった出来事が走馬灯のように思い出されるわけです。
嗚呼、オズワルド…
思い出されるのはオズワルドとの思い出ばかり。
しかし目の前に繰り広げられるパレードはディズニープリンセスの悪役にミッキーが打ち勝つストーリーのパレードでした。ミッキーが水上の中心に立ち、圧倒的な主役として君臨しているのです。
もしかしたらこの場所にはオズワルドが立っていたのかもしれない…
そう思うとやるせない気持ちでいっぱいになりました。

この人気者には一生誰も敵わないや、ということを改めて思い知らされディズニーシーを後に去ることとなりました。





これら一連の出来事から私は友人Hに完全に洗脳され気づかぬうちにオズワルドファンと化してました。




お土産にはジェラトーニを買って帰宅。      みどぅ